株式会社アルファペットリフォームチラシ

 

 

子犬画像

ペットは大切な家族の一員です。

家族との快適な生活のために、少しお住まいを工夫しませんか。

におい・傷や汚れ・滑りやすい床・防音など、ペットと一緒に生活するには人にとって困り事がつきものです。
でもそれをやめさせるのはペットにとってもストレスに。

住宅リフォームアルファでは人にも、ペットにも優しい住まいづくりを提案させていただきます。

おもちゃや爪とぎは用意してあるのに、壁をひっかいたり机の脚をかじるのが大好き。

走り回って遊ぶのは楽しいけど、爪の音や飛び跳ねたときの音が気になる。

こまめにお風呂にいれてあげても毛が抜ける、においが気になる。

ペットと一緒に住んでいる方ならきっと誰でもこのような悩みがあると思います。

ペットと快適に暮らすためには防音性が高く、汚れにくく、臭いがつきにくい・こもりにくいことが基本です。
また、人にとっては問題ない床材でもペットにとっては足腰に非常に負担のかかる場合もあります。柱にはカバーをつけて保護、壁紙も拭くだけでキレイになる素材を貼ればお手入れが楽になります。

危険回避のためにキッチンやバスルームには入らせないように工夫しましょう。

子犬画像

ペットの足腰、大丈夫ですか?

現代の日本の住まいの床はフローリング材が主流です。
ですが室内で暮らすペットにとって、フローリングはとても硬くて滑りやすく、歩いたり走ったりするには不向きです。

とくに大型犬種や、胴長犬種は股関節形成不全が遺伝的に多く、滑りやすい床は大変危険なもの。
遺伝的素因がなくても滑ったときに突発的な膝蓋骨の脱臼や膝関節のじん帯が
切れてしまうトラブルも起こっています。

また、近頃はソファを自分のスペースにしているペットも多いと思いますが、
ソファから飛び降りたときに床が硬いとその衝撃で膝や腰を痛める原因になります。

疾患を抱えたまま滑りやすい床での生活を続けると、歳を取ったときに立てなくなってしまう可能性もあるのです。

傷・汚れが付きにくくお掃除しやすい、人の気持ちに配慮した機能に加え、
ペットの歩行時の滑りに配慮した表面加工の、ペットにもやさしいフローリングを。
これまでのフローリングに比べてペットの足や腰への負担を軽減します。

表面にすべりにくい加工を施してあるので、室内でも楽しく安全に歩かせてあげることができます。表面層を強くすれば爪が強くあたっても傷つきにくくなります。

子猫画像

鳴き声が隣の家に響いていないか気になりませんか?

お客さんを招待した時、お部屋の臭い気になりませんか?

防音タイプドアは通常のドアに比べて耳に聞こえる音の大きさを約半分にすることができます。
周りに気になる鳴き声もしっかり防ぎます。

また、部屋同士のドアにはぜひくぐり戸を。ドアの開け閉めが必要ないので面倒もありませんし、
自由に行き来できるのでペットもご機嫌。

天井材をリフォームすればペットの鳴き声を吸収し、音の響きを抑えます。

さらに天井付近に溜まりがちなトイレ臭などのペット特有の臭いも吸着・消臭。
湿度もほどよく保ってくれるのでペットのアレルギー原因になる乾燥・湿気を防いでくれます。

ペットの種類によって体格や特性が大きく異なりますので家族それぞれの暮らしに合ったリフォームのスタイルを
ご提案いたします。