定年後の住まい

必要な家の形は、年代と共にどんどん変わります。

結婚して2人から始まり、子どもが産まれ、子どもが小さなうちは子ども部屋は要りませんが、大きくなれば1人1部屋、もっと大きくなって独り立ちすれば、子ども部屋は不要に。
階段も、若い時は少し急な階段を駆け登るのも下りるのもなんのそのですが、年を取れば手すりが必要になり、少し緩やかに、そして柔らかい素材を張るリフォームをしてケガの防止が必要になります。

子供の独立、定年退職、いろいろなことを経験して、仕事中心から2人での生活中心へ変わるとき、住まいもリフォームして人生をより楽しく快適に安心して過ごしませんか。

健康で、安全に暮らせる

年を取ると足腰だけでなく、視力・握力なども落ちてきます。
家の中(エアコンの効いたリビングと冷えた浴室など)の温度差で体調が悪くなった、というニュースもよく聞かれます。まだ早いと思わず、今、元気なうちにこれからもずっとずっと健康で安全に暮らせるようにリフォームしましょう。

「住人の年齢」と「家の形」があっていないと家の中での事故が多くなります。つまり若い頃に建てたままの家に住んでいると、事故が起こる可能性が高くなるということですね。階段に手すり、浴室には暖房器具、床には滑り止めをして家の中での事故を防止しましょう。

疲れない家に

家事が楽にできる家にしましょう。
若い時でも気をぬくと体や足を壁や家具にぶつけてしまいます。
動きやすく、片付けがしやすい収納リフォームをすれば効率的に収納でき、家具を置く必要もなくなるので掃除も楽に、ふとしたときに家具にぶつかってしまいケガをする心配も減ります。
また、家にいるのが快適で楽しくなればストレスもなくなります。それには夫婦がお互いを尊重できる住まいにすることが大切です。
料理が楽しくなるようなキッチンで一緒に料理を楽しむのもいいですし、自分だけの空間をもって趣味の時間を満喫、夜はぐっすり眠れる寝室も必要ですね。生活スタイルが異なるご夫婦には別寝スタイルという方法もあります。

費用を抑える

リフォームのメリットは何といっても、建て替えるより費用が安くすむことです。

しかし数年起きに何度もリフォームを繰り返すのは肉体的にも金銭的にも負担がかかります。そこで、定年を迎えたらメンテナンスが簡単にできるようにするのも一つの方法です。最初にお金がかかることが多いですが、リフォームの回数が減りますので、長期的に見てトータルコストを比較しましょう。
やはり、慣れ親しんだ我が家でずっと生活できることは嬉しいですよね。

「これからもずっとこの家に夫婦で住みたい。でもどうリフォームすればいいかわからない」という方も、お気軽にご相談ください。
これまで以上に充実した、笑顔あふれる快適なお住まいを提案させていただきます。